フリーランスとして働く

医師としては働き続けたい、しかし、これまでとは違った勤務環境に身を置きたい。
そう考えるならば、フリーランスという働き方も選択肢の1つとなるのかもしれません。

少し前までは、こんな働き方は非現実的なものでした。
それこそ漫画や映画の中だけにしか存在はせず、空想上のものだったのです。

しかし今現在では、実際にフリーランスの医師として活動している人も増えてきています。
もちろん、割合で言えば非常に僅かではありますが、それでも数自体は着実に増加傾向にあります。

ドラマの影響もあるのかもしれません。
漫画や映画の中の存在と言いましたが、現在はドラマの方がその存在を知らしめるには格好の媒体となっているのでしょう。

実際に医療現場で働いている人にとって、魅力的な要素を含んでいるこのフリーランスという立場ですが、誰でもそれになれるわけではありません。

ドラマのように外科医としてフリーで活動をするのは、今現在でも非現実的なようです。
現実的なところでは、麻酔医がフリーとしては最も需要があり、そして人数自体も多い状況にあります。
これは麻酔医という特殊な仕事であるから故。

画像出典元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

フリーランスの場合は確定申告が必要

フリーで活動するというと非常に聞こえは格好良いのですが、現実はアルバイトのような形であちらこちらの医療機関から仕事を受け、それを遂行していくという形となります。
その遂行した仕事の分だけ報酬を得ることができるわけですから、働けば働くほど収入も増えることになるわけです。

実際に、勤務医として働いていた頃と比べると、年収が2倍から3倍になったという麻酔医もいます。
自ら仕事を獲得し、それを確実に遂行していけば、確かに年収を増やすことは可能なのかもしれません。

ただし、フリーランスで働く場合、気を付けないといけないのが確定申告です。
正しく行えば節税効果もある一方で、申告漏れや悪質な所得隠しを行ってしまうと、
追加で税金を納めなければいけなくなったりするので注意が必要です。

実際にフリーランスで働く前に、勤務医のための確定申告マニュアルについて記載されたサイトで、
収入と確定申告、税金周りについての知識は身につけておいたほうがいいでしょう。

売上や経費を会計ソフトで入力したり、簿記の知識が必要だったりと、
個人で働く医師には、医師の業務外でも色々と覚える事が出てくるので大変です。

転職専門サイトなどに登録して仕事を受けることもできる

自ら仕事を獲得する、と言いましたが、医療従事者のための転職専門サイトや医療系専門の転職エージェントに登録することで、そこから仕事を受けることも可能です。

単発で仕事を紹介してくれないところもありますが、医療系の専門媒体を上手に使いこなすことでフリー医師としての活動を継続し、勤務医時代と比較して年収を大幅にアップさせることは決して不可能なことではないのです。

時代が変わり、医師免許と経験、そして確かな技術を持っていれば自由に仕事ができるようになってきています。

もし転職を考えているのであれば、専門の診療科目などによって差は出てきてしまうものの、フリーランスという選択肢も頭に入れながら活動を進めていってはどうでしょうか。
それを端から排除する必要はないはずです。